脂質異常症とは?

脂質異常症は、これまでに高脂血症とも呼ばれていたもので、血液の中に含まれているコレステロールや中性脂肪などの脂質が、基準値よりも多い状態のことを指します。
脂質異常症の原因には遺伝によって起こる家族性高コレステロール血症や体内で脂質をコントロールすることができない病気などが原因となっていることもありますが、 多くの場合は、食べすぎや飲みすぎ、肥満、運動不足など日頃の生活習慣が原因となっています。

脂質異常症自体は自覚症状はほとんど現れず、本人が気づかない間に動脈硬化が進行したり、 血管の中に血栓が発生して心筋梗塞や脳卒中などの発作をある日突然引き起こしてしまうこともあります。
また、急性すい炎を引き起こして腹部に激しい痛みを感じたり他の臓器を損傷してしまうこともあります。

これらのことを防ぐためにも、健康診断などで、コレステロール値や中性脂肪に関する指摘を受けたり、脂質異常症だと認められた場合には、 早めの改善に努めることが大切です。

コレステロールを下げる重要性

コレステロールは血液の中に含まれる脂質のひとつで、細胞膜の合成などに欠かすことができない栄養素です。
そのため、かつてはコレステロール値が高ければ良いと考えられていることもありましたが、 研究が進むに従ってコレステロール値が高いことによって動脈硬化を早めて心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの発症リスクが高くなることが分かってきました。

コレステロールにはHDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールの2種類に分けることができます。
このうちのLDLコレステロールは、血液中で一定量を超えると血管の内壁にこびりついて血管のしなやかさを奪って動脈硬化の原因となるプラークになってしまいます。
また一部のコレステロールは血管の内壁で固まりとなることもあります。
これらのものが長年蓄積されると血液の流れをせき止めたり、血管の内壁を傷つける原因となって破れたり破裂することになるのです。

つまり、コレステロールを下げるというのはLDLコレステロールを下げることであり、動脈硬化などの発生を防ぐために重視されるようになったのです。

コレステロールを下げるクスリは最後の手段

コレステロール値を下げるには、いくつかの方法があります。
病院で治療として行われているものには食事療法、運動療法、薬物療法に分けることができますが、まず行われるのは食事療法と運動療法です。
そしてこの2つを行って効果を得ることができなければ薬物療法を平行させていくことが多いといいます。

その理由のひとつはまずは生活習慣を改善しなければ、コレステロール値を下げるという根本的なことは改善することができないからです。
クスリはあくまでも一時的にコレステロール値を下げるための対処療法であり、飲み続けなければ効果を得ることはできません。

また、どんなクスリにも副作用があります。
コレステロールに関するクスリを服用することによって起こる副作用には糖尿病の発症リスクを高めたり脳梗塞や筋肉を溶かすというものもあります。
副作用はすべての人に起こるものではありませんが、できる限り避けたいものです。

そのためにはクスリは最後の手段であることを理解して、食事療法や運動療法を通してコレステロールを下げることから始めることに努めましょう。

肥満とコレステロールの関係

肥満であればコレステロール値が高いというイメージがありますが、必ずそれが当てはまるとは限りません。
確かに、肥満体型の人にコレステロール値が高い人が多いことは間違いありませんが、痩せている人にもコレステロール値が高い人はいます。

その一方でダイエットを行うとコレステロール値が下がるというデータもあります。
これはからだに蓄積されている内臓脂肪、皮下脂肪などの約90%が中性脂肪でできていることにあります。
血液中に中性脂肪が増えると悪玉コレステロールが増加する傾向にあり、内臓脂肪が増加すると中性脂肪も増加するので悪循環が起こってしまうのです。

つまり、ダイエットをするこによって内臓脂肪や皮下脂肪が燃焼されれば、悪玉コレステロールの増加も防ぐことができるというわけです。
また、肥満体型の人の食生活は脂質が高いものやカロリーが高いを好む傾向にあります。
そのため、コレステロールの増加にもつながりやすいというわけです。

コレステロールを下げる効果的な方法

コレステロール値を下げるためには、生活習慣の改善が効果的だといわれています。
では具体的にどのようなことを行えばいいのでしょうか?

まず、コレステロールはからだに不可欠な成分ですが、必要な量のほとんどを私たちのからだでつくることができます。
そして足りない分を補うということを認識しましょう。
そのため、コレステロール値を上げる脂質を多く含んだ肉類や乳製品、スナック菓子、ファストフードなどは避け、野菜や魚などを中心とした食事を心掛けましょう。

また、増えすぎたコレステロールを下げることができる成分として、イワシやアジなどの青魚に多く含まれているEPAやDHA、食物繊維を多く含む食品、 多糖類を吸収する効果がある海藻類などを取り入れるようにしましょう。

さらに、酸素を取り込みながらゆっくりと行うことができるウォーキングや水泳などの有酸素運動を行うことで新陳代謝を促進して 脂肪を燃焼して悪玉コレステロール値を下げる効果があります。
運動はコレステロール値を上げる原因となるストレスの解消にもつながるので、効果的な方法だといえるでしょう。

姉妹サイトはこちら

高脂血症サプリメントでコレステロールを下げる
コレステロールを下げる野菜ジュースの緑でサラナの効果